介護技能実習生対象 日本語コース(プノンペン) 第4期生38名が入学

2017年6月8日(木)介護技能実習生対象 日本語コース(プノンペン) 第4期生38名が入学しました。

technicalintern01

HUGS ALPHAがカンボジアの有力私立大学「チェンラ大学」と提携して運営する「介護技能実習生ナーシングプログラム 日本語コース」では、大学の看護・助産師学部を卒業/卒業見込みの学生を対象に、日本の大手日本語学校監修による日本語研修カリキュラムを実施しています。

このコースでは、看護・助産師の分野で修学経験のある学生が、介護技能実習生として日本に渡航するまでの間、約1年間に渡り日本語を学習します。

日本語のみならず、日本の文化、マナー、業務に関する基礎知識の研修を行うことで、日本での生活や実習に対応する能力を身につけます。