現地の有力機関と提携し、優秀なカンボジア人技能実習生の送り出しを実現します。

「人材の交流を支援し、カンボジアと日本両国の発展に貢献したい。」

HUGS ALPHAの技能実習生送り出し支援事業は、カンボジアのさらなる発展のためには、経済成長を担う人材の育成が必須であるとの考えからスタートしました。

私達は、若くてエネルギーに満ち溢れ、勤勉で向上心があるカンボジアの人々に、非常に大きなポテンシャルを感じております。 仏教国ならではの感謝の心を大切にする国民性もまた、日本の国民性との親和性を感じるところです。

過去10年程、カンボジアは毎年7%前後のGDP成長率を維持するほどに目覚ましい経済発展を遂げていますが、カンボジアの人々が日本で身につけた高い技術やマインドを持ち帰ることで、より一層の発展を期待できるものと信じています。

また、人材不足が深刻な日本において、カンボジア人技能実習生が能力と可能性を開花することで、両国にとっての利益が生まれることを願っています。

 

外国人技能実習制度とは

〜日本とカンボジア双方の未来のために〜

途上国の未来を担う人材を育て、日本の将来にも大きく貢献する可能性が期待される制度です。

外国人技能実習制度とは、開発途上国における、経済発展・産業振興の担い手となる人材を育成するというニーズに対応し、先進国で培われた技能・技術・知識を移転する目的で、日本の国際協力の一貫として定められた制度です。

当制度は、カンボジア人の技能実習生が日本の企業や個人事業主等と雇用関係を結ぶことを可能にするものです。
また、日本での最長5年間に渡る実習を通じ、実習生がカンボジアでは修得が困難な技能・技術・知識を身につけ、帰国後にカンボジアの経済成長の一翼を担う人材として活躍することを目指す仕組みとなっています。

2017年11月に新たに施行された「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」では、技能実習対象職種として介護職も追加されました。

外国人技能実習制度を活用することは、日本の受け入れ企業様側にとっても、計画的な人員確保、採用活動の負荷軽減、モチベーションの高い外国人人材を雇用することで社内の活性化を期待できるといった利点があります。

外国人技能実習制度の仕組み

titpimg02

外国人技能実習生数の推移

各国から日本に技能実習生として就労する外国人の数は、年々増加しています。

titpimg03

出典:法務省

技能実習の流れ

技能実習2号、3号が対象となる職種において、所定の技能評価試験に合格した実習生は、最大5年間日本で働くことができます。

titpimg05

 

HUGS ALPHAの送り出し支援事業

HUGS ALPHAでは、大学の卒業生など18歳以上の20代を中心とする若い技能実習候補生を対象に、日本語コースを開講・運営しています。
また、カンボジア政府認定の送り出し機関と提携し、研修を終了した優秀なカンボジア人の送り出しを行っています。

◎実績豊富な認定送り出し機関と提携

外国人技能実習制度に基づくカンボジア政府の認定送り出し機関のCATMと提携しています。CATMは、2013年から2017年までに1万人以上のカンボジア人を海外へと送り出してきました。実績豊富な送り出し機関と提携することで、安定した送り出し手続きが可能です。

◎カンボジアの有力大学と独占契約し、スムーズなリクルーティングを実現

カンボジアの有力大学であるチェンラ大学と独占契約をしています。カンボジアの首都プノンペンと、カンボジア第二の都市と言われるバッタンバンに校舎を持つチェンラ大学のネットワークを活用することで、都市部のみならず、地方からも人材の確保が可能です。
また、介護技能実習生の送り出しにおいては、カンボジアでは数少ない看護を有するチェンラ大学から優秀な卒業生、卒業見込み生を潤沢に確保することが可能となっています。

◎大手日本語学校監修による、確かなレベルの研修プログラム

HUGS ALPHAでは、日本で4校を経営する大手日本語学校監修による日本語研修カリキュラムを用い、日本渡航前の技能実習候補生を対象とした日本語コースを開講しています。日本語のみならず日本の文化、マナー、業務に関する基礎知識の研修を行うことで、日本での生活や実習に対応する能力を身につけます。

titpimg06

 

日本語コース運営実績

HUGS ALPHAでは、2016年から2018年までに、累計約300名以上の技能実習候補生に日本語研修を行ってきました。

日本語コースは、介護技能実習生を対象としたコースと、介護以外の技能実習生を対象としたコースがあり、それぞれ日本渡航前に必要となる日本語力を集中的に身につけます。
いずれのコースも、チェンラ大学と提携し、プノンペンとバッタンバンのチェンラ大学校舎にて研修を行っています。

介護技能実習生向けコース

大学の看護・助産師学部を卒業/卒業見込みの学生を対象としたコースです。
介護技能実習生が日本渡航時迄に必要とする、日本語能力試験4級相当の日本語力を約1年間で習得します。

介護以外の技能実習生向けコース

介護以外の分野で技能実習生として日本に渡航を希望する学生を対象としたコースです。実習で必要とされる日本語力を、日本渡航前の約3ヶ月間で集中的に身につけます。

titpimg07

 

送り出しまでの流れ

titpimg04

①受け入れ企業は監理団体に求人の申込をします。

②監理団体は送り出し機関であるCATMに求人連絡をします。

③送り出し機関のCATMは提携先の日本語研修機関HUGS ALPHAへ人材の募集をします。

④HUGS ALPHAは、候補者に日本語やマナーおよび業務の基礎知識等の研修をします。

⑤HUGS ALPHAおよびCATMは、採用基準を満たした面接者を選定し、監理団体に紹介します。

⑥監理団体は受け入れ企業と面接者の間に入り、面接調整をします。面接・最終選考は、受け入れ企業もしくは監理団体がカンボジアで行います。

事業内容

お気軽にお問い合わせください。+855 (0) 23 987 064受付時間 平日9:00-17:00 [ 土・日・カンボジア祝祭日を除く ]