日系企業が開発するカンボジアのリゾート地〜vKirirom

こんにちは!

先週末、毎年恒例の和僑ASEANリーダーサミットと弊社社員旅行のため、プノンペン中心部から車で約2時間のキリロムに行ってきました。
滞在したのはvKirirom Pine Resort
とある日系企業が大自然に囲まれたキリロム国立公園の一部をカンボジア政府から借り受け、「カンボジアに軽井沢を作りたい!」という熱烈な想いの下、開発を進めているリゾート地です。

今回は、カンボジアの山奥日系企業が進める、この壮大なプロジェクトについてご紹介したいと思います!
vKirirom Pine Resortは、10,000ヘクタールという広大な敷地内で、大自然との共存を目指しながら進められている都市開発プロジェクト「vKirirom」の一環として展開されています。
vKiriromプロジェクトですが、現在はPhase1として、581ヘクタールの敷地内で、リゾート施設住居の他、産学連携を目指す大学等の開発が進められています。

大学ではプログラミングなどのITの授業が中心に行われているほか、学生はvKirirom Pine Resortの運営にも携わることができ、学んだことをそのまま現場で試し、活かせる仕組みになっています。
キリロムの大自然を守りつつ、シェムリアップのような国際的な観光地を作ること、そして、リーダーシップを持った起業家と国際水準の労働力を輩出し、カンボジアの成長源になるというのがvKiriromの大きなビジョンなのです。
vKiriromのマスタープランでは、敷地内にさらに商業施設、オフィス、研究開発施設、エンターテイメント施設、医療施設、温泉・SPA等の開発を進めることが企図されています。

さて、この壮大な開発プロジェクト。
指揮を取るのは、A2A Town (Cambodia) Co., Ltd.という日系企業で、冒頭でご紹介した「カンボジアに軽井沢を作りたい!」という大志を持った日本人の猪塚氏が代表を務めておられます。

猪塚社長は、1998年にIT企業であるデジタルフォレストを起業し、10年以上の長きに渡り経営されていましたが、2009年に同社をNTTコミュニケーションズに売却後、ご自身の生涯をかけてカンボジアの成長・発展に貢献したいとの非常に強い志の下、vKiriromのプロジェクトを始動されました。

2012年には、広大なキリロム国立公園の一角でエコツーリズム事業を行うため、カンボジア政府から正式に認可を受け、その後、現地の住民の方々を従業員として雇い、一歩一歩未開の地を切り開き、段階的にリゾート施設の建設・運営を進めてこられた結果、昨年6月にvKirirom Pine Resortのグランドオープンを迎えられました。
<参考:A2A Town (Cambodia) Co., LTd. ホームページ http://asiato.asia/

そして、これらの功績がカンボジア政府からも認められ、2015年には、「Best Eco Development in Cambodia」賞を受賞されています。
異国の山奥で、10,000ヘクタールの広大な敷地を使った都市開発構想・・・並大抵の試みではありません!
生涯をかけてカンボジアに貢献したいという強い想いあってこその偉業だと感じます。

さて、ここで、私達が滞在したvKirirom Pine Resortの様子を少しご紹介させていただきます。

自然と調和した様々なタイプの宿泊施設。

室内はとてもスタイリッシュで、大自然を感じながらも優雅に心地よく過ごすことができます。


<写真:vKirirom Pine Resort ホームページより>

他にはこんな変わったお部屋も。
【パイプルーム】

<写真:vKirirom Pine Resort ホームページより>

【コンテナハウス】

プールもあれば、

併設レストランで一流シェフが腕を振るうクメール料理を楽しむこともできます。

その他、キリロムの大自然と触れ合うことができる各種アクティビティも用意されており、大人も子供も楽しめます。

団体旅行では、チームの結束力を高める運動会も!
和僑ASEANリーダーサミットでは毎年恒例の大運動会。
今年も盛り上がりました!

毎年少しずつ開発が進むvKirirom Pine Resort。
現在、vKiriromを訪れる人々はカンボジア国内からの旅行者が多いですが、今後は国内はもちろん海外からの旅行者も一生に一度は訪れたいと思えるような、世界的な一大観光地にしていきたいとのことです。

カンボジアのキリロムから世界のキリロムへ。
来年訪れる時にはどのように変化しているのか、とても楽しみです!
これからカンボジアにいらっしゃる方も、プノンペン、シェムリアップとは一味違うカンボジアを感じに、vKirirom Pine Resortをぜひ一度訪れてみてください。

▼参考リンク
・vKirirom Pine Resort
http://www.vkirirom.com/ja/
・A2A Town (Cambodia) Co., LTd.
http://asiato.asia/