カンボジア 世界一の観光地へ

<写真:『The Phnom Penh Post』より>

こんにちは!

先週、The European Council on Tourism and Trade (ECTT) が選ぶ“World’s Best Tourism Destination” for 2016で、カンボジアが輝かしい1位を獲得しました!

ECTTは、欧州28カ国のメンバーで構成される観光プロモーション・リサーチに特化した協議会で、会の活動目的には、「非EU諸国における安全で魅力ある観光地振興に寄与すること」「EU諸国から諸外国への観光に関するリサーチ・統計情報を提供すること」があります。
この“World’s Best Tourism Destination”のアワードは毎年実施されており、2015年はエチオピア、2014年はジンバブエが1位を受賞しました。

今回、エントリーした30カ国のうち、カンボジアが1位に選定された理由には、豊富な文化・歴史遺産と自然の美しさが挙げられています。
ユネスコの世界遺産にも指定されており、保存状態が良いアンコールワットプレア・ヴィヘア寺院といった遺跡に加え、大自然が綺麗に残された23の環境保護地域も受賞のポイントになりました。

カンボジア王国観光省『TOURISM STATISTIC REPORT 2015』によると、カンボジアの2015年度の年間来訪者数は470万人を突破(前年比6.1%増)し、その数は年々伸びています。

2015年度のカンボジア来訪者の国別内訳は以下のようになっており、お隣のベトナムからが圧倒的1位、そして中国、ラオスと続きます。
中国、タイからの来訪者数は、前年比+25.0%前後とすごい勢いで増えています。

<出典:カンボジア王国観光省『TOURISM STATISTIC REPORT 2015』>
ヨーロッパ勢では、英国、フランスが10位圏内にランクインしており、英国は前年比+15.7%と堅調です。

7位の日本からのカンボジア来訪者は、2015年には前年比-10.4%と減少したものの、トリップアドバイザーの「行ってよかった!日本人に人気の海外観光スポット ランキング 2015」では、アンコールワット遺跡群1位を獲得しており、2011年~2013年も3年連続1位をキープするなど、日本人にとってもカンボジアは不動の人気スポットになっています。


<写真:『トリップアドバイザー』より>

カンボジア政府が昨年策定した「カンボジア観光マーケティング戦略2015〜2020」の草案によると、2020年までに来訪者750万人を達成することが目標とされています。

各国からの直行便が増えたり、陸路移動をスムーズにする国道がこの1年でかなり整備されつつあったりと、遠方・周辺各国からの観光客を迎え入れるカンボジアのインフラは着実に良くなってきていると感じます。
冒頭の“World’s Best Tourism Destination” などの名誉ある受賞を契機に、カンボジアの観光地としての世界的な注目度もアップし、ホテルを始めとする観光分野への投資も、増えていくことでしょう。
観光地としても、投資・ビジネスの拠点としても、まだまだ伸び代があるカンボジア。
今後も刻々と変化していくカンボジアの「今」をお伝えしていきたいと思います!

▼参考リンク
・『The Phnom Penh Post』
Kingdom crowned world’s top tourism spot(2016.6.17)
http://www.phnompenhpost.com/business/kingdom-crowned-worlds-top-tourism-spot
・EUROPEAN COUNCIL ON TOURISM AND TRADE ( ECTT )ホームページ
http://ectt.webs.com/
・MINISTRY OF TOURISM 『TOURISM STATISTICS REPORT 2015』
http://www.tourismcambodia.org/images/mot/statistic_reports/tourism_statistics_2015.pdf