絆ストリートのレストラン 〜カンボジアのひもの屋、麺屋武一〜

こんにちは!

日本の文化とおもてなしの心をカンボジアへ広めるという志のもと、弊社HUGSで2013年から進めてきた絆ストリートプロジェクト

今回は、2015年2月のオープン以来順調に売上を伸ばしている「カンボジアのひもの屋」と複合業態の「麺屋武一」訪問し、オーナーである井口 孝志社長にお話をお伺いさせて頂きました。

大手企業の駐在員時代に芽生えた食への想い

井口社長は北海道札幌市のご出身。
国立東京商船大学大学院(現東京海洋大学大学院)で博士前期課程を修了された後、株式会社日揮に入社。約5年間の在職期間中には、1年半のインドネシア駐在を経験されています。

駐在されていたのは、インドネシア第2の都市スラバヤからさらに車で3時間程のところにあるトゥバン。そこで日本人8人で4,000人の現地スタッフを動員するという大規模なプロジェクトに従事されていました。

トゥバンには日本食レストランこそありませんでしたが、多忙を極める現地での生活の中、井口社長を癒やしてくれたのはいつも“食”でした。

そのような経験を通じ、いつからか飲食分野での起業を志すようになったといいます。

現在、日本国内外で合計9店舗13業態を展開する井口社長ですが、食を通じて安心感や懐かしさを感じてもらいたいという願いには、インドネシア駐在時代にご自身が感じた様々な想いが込められているのでしょう。

飲食の道で生きることを決意した井口社長は、インドネシア駐在後に日揮を退職。
「つぼ八」創業者であり、当時「ひもの屋」を展開していた石井 誠二氏率いる株式会社 八百八町にて、2006年から新たなキャリアをスタートさせました。

そして、1年後の2007年には個人事業として「綱島のひもの屋」の業務委託契約を開始し、後に独立。
株式会社 エキサイトとして法人化し、日本国内で複数の出店を行った後、2015年2月から海外進出。

その後、たった2年の間にカンボジア、シンガポール、ベトナムの3カ国に4店舗6業態を次々に出店され、現在に至っておられます。

海外初出店の地、カンボジアの魅力とは?

2017年現在のプノンペン

今では日本と海外3カ国を毎月頻繁に行き来し、各国で精力的に活動されている井口社長ですが、海外展開はここカンボジアからスタートされました。

海外出店にあたっては、以前駐在していたインドネシアや、後に出店することになるシンガポール、ベトナムといったASEAN諸国を視察していたそうですが、なぜ初出店の地としてカンボジアを選ばれたのでしょうか?

その理由を伺ってみると、

-出店コスト、ランニングコストが低い
-独資で開業可能であるため、スピーディな出店が可能
-英語が通じる
-米ドルが主要通貨として流通しており、極端なインフレがなく安定している

といった点が大きかったといいます。

また、「これは出店後に他国と比較する中で感じるようになったカンボジアの良い部分」と前置きしながら、

-賄賂請求等が比較的少なくクリーン
-会計システムがシンガポールや香港など先進国に似ていてやりやすい
-英語堪能、ハングリー精神旺盛なスタッフが多い

といった点を挙げられました。

3カ国で同時展開する中で、カンボジアのビジネス環境を出店時とはまた違った角度から評価されているようです。

改良を積み重ね、売上は右肩上がり

「カンボジアのひもの屋」と「麺屋武一」の複合業態店

さてここで、井口社長率いるエキサイトグループがカンボジアで経営するお店をご紹介したいと思います。

2015年2月の出店時には「カンボジアのひもの屋」の1業態でしたが、2016年7月に一部店舗を改装し、東京新橋に本店を持つ人気ブランド「鶏白湯ラーメン・麺屋武一」をフランチャイジーとしてオープン。1店舗2業態というカンボジアではまだ珍しい試みをスタートされました。

気になる現在の月商は、オープン初期対比2.3倍とのこと。

顧客層については、オープン当初は日本人のお客様が大半を占めていましたが、現在では日本人3:その他7という割合に。
日本人の固定客数は維持したまま、その他のお客様数が増えたことで日本人割合が下がってきたという、理想的な状況です。
ラーメン提供開始をきっかけに、中華系カンボジア人台湾・香港人のお客様が増えてきたといいます。

平均単価についても、
オープン当初(2015年):約$12⇒オープン後1年(2016年3月): 約$20⇒現在(2017年8月):約$25と着実に上がっています。
※いずれも、「ひもの屋」のディナー単価

単価アップには、オープン後に状況を見て「ひもの屋」メニューの価格設定を見直したこと、ラーメン提供を始めたことが関係しているのではないかと思われます。

ランチにも飲んだ後の締めにもぴったり。麺屋武一のラーメン

ちなみに、「麺屋武一」単体平均単価は約$8「ひもの屋」ランチの平均単価約$10
ランチについては、今後もう少し価格を下げることで、日本人以外のお客様をさらに多く取り込んでいきたいとのことです。

人気メニューは、

日本人のお客様では「ひもの屋」の看板メニューである縞ホッケ(フルサイズ:$17.8、ハーフ:$9.3)や締めのラーメン(スモール:$4.5〜)など。

カンボジア人のお客様では、お刺身($5.5〜)のほか、日本では提供していない寿司(2貫:$2.9〜)、寿司ロール($5.8〜)や唐揚げ(フルサイズ:$5.8、ハーフ:$3.5)などのチキン系のメニューだそう。

ひもの屋といえば、特大縞ホッケ
日本から直送された鮮魚を使ったお刺身
カンボジア人も大好きな寿司、寿司ロール

メニューの一部でローカライズを行いながら、“Japanese Historical居酒屋”というコンセプトの通り、店内の雰囲気を含め、現地の人々にも分かりやすく、日本の良いイメージ・安心感や懐かしさを感じるような工夫が随所になされています。

日本から届いたばかりの鮮魚達
日本酒ほか酒類も豊富。カンボジア人のお客様には熱燗のウケがよいそう

人を育てる経営へのこだわり

エネルギッシュなスタッフの皆さん

オープン後、順調に売上を伸ばしている要因の一つに、井口社長の徹底した育成の姿勢が挙げられると思います。

現地スタッフの管理・育成は、海外出店においてもっとも苦労することの一つと言っても過言ではないでしょう。

海外でビジネスをする以上、現地の文化・慣習の理解が必須で、すべてにおいて“日本式”を押し付ける訳にはいきませんが、ブランドを守り、日本のサービスの良い部分を守るためには管理が必要になってきます。

しかし、グローバルに多店舗展開している企業になればなるほど、オーナーやマネージャーが1箇所につきっきりでいることは難しくなりがち。
現地に日本人の管理者が不在の場合、現場との意識のズレが生じ、統制が取れなかったり、スタッフのモチベーション維持が難しい場合もあります。

そんな中、「カンボジアのひもの屋」「麺屋武一」では、現在常駐の日本人スタッフはおらず、マネージャークラスのカンボジア人4名を中心に、総計約20名のカンボジア人スタッフのみで運営を行っています。

これだけでも驚きですが、さらに驚くべきことは、スタッフの3割は2年以上勤続、残りの7割も1年以上勤続しているという点です。
数ヶ月以内に離職してしまう人も多く、職を転々とするのが珍しくないカンボジアにおいて、スタッフが辞めないというのは本当に素晴らしいことです。

オープン後、2年間は日本人店長が常駐していたものの、軌道に乗った段階でカンボジア人のみの体制にする判断をした井口社長。

各国を飛び回る過密スケジュールの中、ご自身も毎月必ずカンボジアを訪れ、スタッフと密にコミュニケーションを取ることを非常に大事にされています。

また、「カンボジア人スタッフは英語が堪能。さらに、仕事に対してハングリーで勢いがある優秀なスタッフが多い。」と仰います。

社長自ら毎月現場に顔を出し、直接スタッフとコミュニケーションを取り、指導すること。
そして、社長のスタッフに対する期待と信頼が、彼らのモチベーション維持に繋がり、ひいては売上に繋がっているのだと強く感じます。

さらにアジアへ、カンボジアへ!

井口社長と

最後に、

全体方針としては、アジアで5年以内に30店舗展開
カンボジアにおいては向こう1年以内に1~2 店舗新規出店
という今後の目標についてもお伺いすることができました。

2年半カンボジアで事業を継続された上で、
「ここにはチャンスしかない!」と力強く語る井口社長。

今後のカンボジアでの展開が楽しみで仕方ありません!

店舗情報

カンボジアのひもの屋、麺屋武一

❖住所:
No.56, St.63 Sangkat Tonle Bassac, Khan Chamkarmon
❖電話番号:
023 452 8888
❖営業時間:
11:00〜26:00
❖Facebookページ:
https://www.facebook.com/himonoyacambodia/?fref=ts


カンボジアの日系飲食チェーン〜牛角〜

こんにちは!

日本人・日系企業経営の飲食店、または日系飲食ブランドの進出が年々増えているカンボジア・プノンペン。
2011年に一桁だったその数は、ここ3年の間に急増し、現在では100店を優に越えています。
そのような中、昨年末にオープンした「丸亀製麺」を皮切りに、日系大手飲食チェーンブランドの進出も始まっています。
先月9月22日にはすき焼き・しゃぶしゃぶチェーンの「モーモーパラダイス」が、
今月10月21日には焼肉チェーンの「牛角」がグランドオープンしました!

この度、弊社オフィスから歩いて数分のところにオープンした牛角にて、当店の開業・運営をサポートされている牛角フランチャイズ(FC)本部のご担当者様に、カンボジア牛角1号店のオープンに至った背景や現状についてインタビューさせて頂くことができました。

—————————————–
カンボジアの牛角は、現地のTH・F&B Co., Ltd.という企業が、㈱コロワイドの子会社であり、牛角運営企業である㈱レインズインターナショナルとフランチャイズ契約を締結し、運営しています。
TH・F&B社は、従来、GMカンボジアの正規代理店輸入中古車の販売等を主軸に事業展開を行ってきたカンボジアの有力企業であり、今年から本格的に飲食業に参入をしています。
牛角のほか、今年6月、9月には米国のアイスクリームブランドである「コールド・ストーン・クリーマリー」をプノンペン市内で計2店舗オープンし、

つい先日10月17日には、同じく米国のハンバーガーブランドであり、今年日本にも初上陸した「カールスジュニア」をオープンするなど、立て続けに大型の出店を手がけています。

日本国内および海外12の国・地域計約2,600店舗、日本を除くアジア諸国でも約80店を展開する(※1)コロワイドグループ。
今回の牛角のカンボジア展開においては、隣国のベトナム牛角の直営店や居酒屋「NIJYU-MARU」の経営・管理を行うCOLOWIDE VIETNAMがサポート・バックアップする形を取っています。
(※1)㈱コロワイド プレスリリースより
http://www.colowide.co.jp/datafile_new/pr_news_pdf_file_147522580727.pdf

これまで多くの海外現地企業と共に事業を行ってきた経験から、フランチャイズ本部としての様々なサポート体制を検討した結果、東南アジア近隣諸国からのサポートが最適であるとの判断に至ったといいます。

食材仕入れ・備品調達、現地でのオペレーションといったところにベトナムおよび近隣東南アジア諸国での知見・ネットワークを活かすほか、今回、開業前従業員研修もベトナムで実施されたということです。
TH・F&B社とは、フランチャイズ本部-加盟店という立場ではあるものの、実際には、物件選定、サプライヤー選定、店舗設計、プロモーション等の開業に至るプロセスにおいては両社が意見を出し合い、「共に作り上げてきたという感覚が強い」とFC本部ご担当者様。

実際、東南アジア近隣諸国マーケットを熟知しているコロワイドグループですが、カンボジアの現地消費者に刺さるプロモーション戦略品質管理体制等については、TH・F&B社がカンボジアにおける自動車販売事業で培ったノウハウが存分に活かされており、両者の経験・強みを活かした経営基盤が築けてきているとのことです。

今後のカンボジアでの牛角展開方針については、今後5年間で5店舗出店予定とのプレス発表がありましたが、TH・F&B社と共に市場環境を見極めつつ、展開していく方針ということです。

さて、今回、牛角1号店がオープンしたのは、外国人・カンボジア人富裕層が多く住むボンケンコンエリアになります。
ターゲットはこれらのアッパー〜アッパーミドル層で、ディナータイム客単価想定は$20-$25程度。

メニュー一例としては、
牛角カルビ(一皿)$11.00
牛タン塩(一皿)$6.20
熟成ハラミ(一皿)$7.90
といったところから、
豪州産和牛カルビ(一皿)$42.00
和牛カルビ盛り合わせ(一皿)$86.00

・・・といったところまで。
もちろん、牛角秘伝のタレで楽しむことができます。

全202席の店内は、幅広い利用シーンを想定し、オープン席のほか、接待や家族や親しい仲間での集まりに適した個室、半個室も用意されています。

近年、プノンペン市内には、日系企業経営または日系ブランド焼肉店の出店が相次ぎ、現在10店舗ほど存在しています。
また、元来カンボジア人も肉をその場で焼いて食べる“焼肉”は大好きで、日本式焼肉店が上陸する前からローカル焼肉店(クメールBBQ)は山程ありました。

FC本部ご担当者様によると、このように焼肉店の競争が激化する中で、牛角が目下目指すのは、「日本の大手BBQチェーンとしての牛角というブランドを、カンボジアの地で一人でも多くの方々に知っていただくこと」ということで、カンボジアにおけるブランドイメージの醸成・維持が現状の課題だといいます。

ブランド作りの柱の一つには、従業員教育があります。
その取組みの一つとして、日本語の挨拶で始まり、オペレーション上の課題・反省点などを共有する朝礼を導入。

お店に入ると、爽やかな笑顔の従業員の皆様が、日本式のおもてなしでお迎えして下さいます。

「日本式」を決して押し付けることなく、カンボジア独自のやり方の中に、ごく自然に取り込んでおられます。

今後のカンボジアにおける牛角の展開においては、出店場所に合わせてメニューもローカライズしていく方針とのことです。
TH・F&B社との関係は非常に良好で、互いの経験・知見を活かし、意見を出し合い共に前進していけるパートナーと出会えて良かった、とFC本部ご担当者様。

日本とカンボジアの有力企業がそれぞれ培ってきた経験・ノウハウが存分に活かされて運営されるカンボジア牛角

今後の展開が非常に楽しみです!

店舗概要

㈱コロワイド プレスリリースより
http://www.colowide.co.jp/datafile_new/pr_news_pdf_file_147522580727.pdf

所在地   :No.1,Street 370 Sangkat Boeung Keng Kang I Khan
Chamkarmon City Phnom Penh
席数    :202席、148坪、490平米
月商目標額 :1,000万円
客単価   :2,000~2,500円
営業時間  :11:00AM~11:00PM(年中無休)
電話番号  :+855-(0)23-222-289
主力メニュー:和牛、US牛肉、ホルモン、和定食


プノンペンのカフェ激戦

こんにちは!

先週の5月25日、スターバックスコーヒーのカンボジア2号店がイオンモールにオープンしました。
正面入り口横の1等地での堂々オープンで、オープン初日は店外まで長蛇の列ができたということで話題になりました。
オープンからちょうど1週間経った6月1日は、International Children’s Dayということでカンボジアは祝日でしたが、夕方18:00近くで店舗内外の席は満席。
店内は注文を待つ人の列でぎっしり、一部外にまで行列がはみ出しているような状況でした。

このスターバックス2号店は、昨年12月プノンペン国際空港内に1号店がオープンしてから半年未満でのオープンとなりました。
1号店は空港内であるがゆえ、一部の旅行者のみ利用可能な状況ではありましたが、ここ数ヶ月の間で現地での評判が一気に高まり、スターバックスはカンボジアへの長期的な投資の可能性に確信を得たといいます。
また、2号店の長蛇の列を見る限り、プノンペン中心部へのスターバックスオープンは、現地の人々にとって待望のニュースであったと言えそうです。
そんな世界のスターバックスですが、実は、カンボジアに参入するカフェブランドとしては、比較的後発のプレイヤーと言えます。
ここ数年、プノンペンでは、空前のカフェブームと言っても良い程、カフェの進出・出店が相次いでおり、中心部には世界各国のカフェチェーンが供給過多とも思われる程に軒を連ねています。

今回は、大物スターバックスの登場でさらに活況を呈するプノンペンのカフェ激戦について、取り上げてみたいと思います!

しばらくは2号店オープンの熱気が続きそうなスターバックスですが、プノンペンポスト紙によると、既に3号店のオープンも今年10月に予定されているとのことです。
その3号店の出店予定エリアが、カフェメッカと言われる程、カフェがひしめき合うボンケンコンエリアになります。
高級コンドミニアムが立ち並び、外国人や現地富裕層が多く住むことでも有名なエリアです。

さて、このボンケンコンエリア。

地図上の赤で囲まれたボンケンコン1と呼ばれる区画の中に、カフェ単体の店舗で約30店舗、レストランやブティックホテルが運営しているカフェを含めると50店舗を優に超える数のカフェが存在しています。
中でも、特にカフェが密集するのが、太い赤線で示したStreet 51Street294です。
Street 294の赤線の部分はわずか400m程ですが、この中に7軒ものカフェが存在しています。

以下は、ボンケンコンエリアに存在する主要カフェチェーン店をリストアップしたものです。
欧米系のほか東アジア、東南アジア各国のブランドが集まっています。

そして、このようなカフェメッカにしてなお、ボンケンコンエリアにはオープンを控える新しいカフェも見られる状態です。

これだけ多いと、なかなか全て制覇できるような状況ではありません!
さて、プノンペンのカフェのうち、スターバックス進出以前からこの市場を盛り上げていた、注目のブランドをいくつかご紹介したいと思います。

以下にご紹介するブランドはいずれも、路面店のほか、今回スターバックス2号店がオープンしたイオンモールの中にも店舗を有しています。
まずは、プノンペンのカフェを語る上で外せない2強からご紹介します!

❖BROWN COFFEE AND BAKERY

カフェブームの火付け役ともなった、カンボジア発のブランドです。
現在プノンペン市内に11店舗展開されています。
温かみのあるレンガや木、無機質なコンクリートを見事に融合して作られたお洒落な店内は、カンボジア人の若者でぎっしりです。

これまで、カンボジアのスターバックス的存在とされており、スタイリッシュで洗練されたイメージは、一見すると外来のブランドかと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、創設者5人はすべてカンボジア人
しかも、設立当時、この5人は皆20代でした。
いずれもオーストラリアなどへの海外留学時に、海外のカフェ文化に触れてきた若者で、オーストラリアやアメリカなどのカフェを徹底的に研究した結果、現在のBROWNのコンセプトに行き着いたといいます。

<メニュー例>
Regular/Large/Grand
・Iced Americano $2.4/$3.35/$3.75
・Hot Americano $2.2/$3/$3.65
・Iced Caffe Latte $2.65/$3.65/$4
・Hot Caffe Latte $2.4/$3.35/$3.85
・Brown Frappe $2.95/$3.85/$4.25

祝日の昼頃。店内には、フラッペ(フラペチーノ)スマートフォンを片手に談話したり、ゲームや動画に興じるカンボジア人の若者が多く見られました。

プノンペンの街中では、こちらのようなコーヒーの移動販売車をたくさん目にすることができますが、このような販売車では1,500リエル(0.37ドル)程度〜でアイスコーヒーを買えますので、BROWNのフラッペは、現地の給料水準(2016年度ワーカー最低賃金: $140)を考えても決して安くはありません。

BROWNのようなカフェに行く目的は、もはやコーヒーを買うのみでないことが分かります。
いわゆるプレイスポットが多くないプノンペンにおいては、カフェで飲み物を囲んで仲間と集うことは、余暇の過ごし方の定番になりつつあるようです。

❖COSTA COFFEE

2強その2です。
イギリス発。世界最大級のカフェチェーンで、現在カンボジアでは、プノンペンに5店、シェムリアップに1店の計6店展開されています。
店内を覗いてみると、その顧客層はBROWNとは少し異なっていることに気づきます。


※写真:『The The Phnom Penh Post』より

BROWNが大学生位の学生中心に賑わっているのに対し、COSTAの店内では仕事やミーティングをするビジネスマンの姿が多く見受けられます。

また、そもそもの目指すところがBROWNとは異なるといいます。

BROWNが海外のカフェの様々な要素を取り入れつつも、現地若者のニーズに適合するようローカライズしているのに対し、COSTAは世界共通基準で同じクオリティのコーヒーを提供することを目指しています。
特に、外国人在住者や観光客が母国のコーヒーを思い出してホッとする場所、世界中のどこに行っても同じコーヒーを楽しむことができる場所というのをコンセプトにしているそうです。
コーヒー豆も使用されるマシンも、世界中のCOSTAで共通品質を保つよう徹底されています。

<メニュー例>
PICCOLO/PRIMO/MEDIO(HOT) PRIMO/MEDIO/MASSIMO(ICE)
・Americano(HOT・ICEとも) $2.59/$3.39/$4.29
・Caffe Latte(HOT・ICEとも) $2.89/$3.69/$4.49
・FROSTINO COFFEE(Coffeeフレーバー) $3.49/$3.99/$4.59

❖KOI Cafe

ここ1年位で盛り上がりを見せている台湾ティーのブランドで、台湾で有名な50LAN Teahouseの姉妹ブランドです。
メニューは、フレーバーアイスティー、ミルクアイスティーが中心で、タピオカやゼリーなどのトッピングをオーダーできます。
カンボジアに、バブルティーをはじめとする台湾ティーを流行らせたブランドの一つに、現在カンボジア全土に17店舗展開中のChatime(台湾系)があります。
他にもGONG CHA(台湾系、BROWNが台湾企業とジョイントで展開)、poptea(カンボジア系)など、 台湾ティーを扱うブランドが急増した時期がありましたが、ちょうど今週GONG CHAがカンボジア撤退を発表するなど、一時に比べると台湾ティーブームは弱まっているのかとも思えます。

そんな中、台湾ティーブランドとしては新興であるKOI Cafeの店内は、いつも中高生〜大学生位の若者で賑わっています。

そこには、若者の心を掴むポイントがいくつかありそうです。
まず、価格設定
フレーバーティーは$1.2〜、ミルクティーは$1.6〜とかなり低く抑えられています。
Chatimeなどの他の台湾ティーブランドでは、$2.0を超えるメニューが多くなっており、$2.0を切る設定は、この手のブランドでは破格と言えます。
また、若者目線のプロモーションにも力を入れています。
イオンモール店では、KOI Cafeのティーとともに撮影された顔数々の写真がデコレーションされたブースがあり、さらにこのブースで記念撮影する人々の姿が見られます。

カンボジアでは、至る所でセルフィー(自撮り)する人々の姿を目にしますが、このトレンドを意識した企業プロモーションとして、「セルフィーブース」というものが流行りです。
日本のプリクラのような撮影機械と、企業ロゴなどが入ったPOPな背景、さらには持ったり身につけたりする小物が用意されたブースで、友達と一緒に撮影するのですね。


※KOI Cafe Facebookページより

そうすることで、ブランドロイヤリティを高めてもらうという方法です。
バレンタインなどのイベント時には、KOI Cafeも特設セルフィーブースを設置するなど、ブランド自体のファンを増やす取り組みに力を入れていることが窺えます。

<メニュー例> S/M
・Flavored Tea $1.2-$1.6/$1.7-$2.2
・Milk Tea $1.6-$1.7/$2.2-$2.4

カフェ、そしてカフェに行くことは、プノンペンのカンボジア人達の間で、一種のカルチャーになりつつあるとも言えそうです。
ますます競争が激化するカフェ市場。
世界の大物スターバックスも、既存のプレイヤーも、いかに共存、はたまた住み分けしていくかが課題になりそうです。
そして、消費者が、これだけ沢山あるカフェをいかに選び、いかに併用・使い分けしていくのか・・・こちらも大変気になるところです!

▼参考リンク
・『The Phnom Penh Post』
Starbucks enters mix at Aeon Mall(2016.5.26)
http://www.phnompenhpost.com/business/starbucks-enters-mix-aeon-mall
・『The Phnom Penh Post』
How a coffee chain conquered Cambodia: Brown’s success story(2013.10.3)
http://www.phnompenhpost.com/7days/how-coffee-chain-conquered-cambodia-brown%E2%80%99s-success-story
・『The The Phnom Penh Post』(2014.5.2)
Costa Coffee
http://www.phnompenhpost.com/post-plus/costa-coffee
・『The Phnom Penh Post』
KOI Café reaches new market in Cambodia(2015.4.30)
http://www.phnompenhpost.com/post-plus/koi-cafe-reaches-new-market-cambodia
・『The Phnom Penh Post』
Brown pulls Gong Cha franchise(2016.6.2)
http://www.phnompenhpost.com/business/brown-pulls-gong-cha-franchise