交通渋滞緩和に期待。プノンペンの路線バスが増線へ

こんにちは!

昨年、在留邦人数が3,000人を超えたカンボジア(H29年 外務省「海外在留邦人数調査統計」より)。
大企業の進出も除々に進んでおり、今後家族連れで首都プノンペンに移住される方もますます増えてくることと思います。
そんな中、在住者にとっても、これから移住される方々にとっても気になるものの一つに、交通インフラがあるのではないでしょうか。

今回は、今後さらなる発展が期待される交通機関の一つ、プノンペンの路線バスについて取り上げてみたいと思います。

プノンペンの交通事情

カンボジアでは、首都プノンペンであっても市内の移動手段は車、バイク、自転車がメインとなっており、公共交通機関が殆どありません。

自家用車や自家用バイク・自転車を持たない人々は、日常的にタクシー、トゥクトゥク(三輪タクシー)、バイクタクシー等で移動することになります。
これらの移動手段は、基本的に出発地から目的地までのドアツードア移動ですので、その点ではストレスフリーともいえます。
一方、日常的に起こる交通渋滞や交通事故は在住者の頭痛の種です。経済成長とともに都市部の人口・車両が増え続ける中、渋滞はますますひどくなっていくことも予想できます。

そのような中、プノンペンの交通状況改善施策の一貫として始動したのが「プノンペン公共バス交通改善計画」

先程、公共交通機関が“殆ど”ないと書いたのは、実はプノンペン市内には既に公共の路線バスが走っているからです。

こちらの路線バス。歴史は浅く、2014年に開通したばかりです。バス公社も同年に設立されました。現在市内に3路線走っていますが、プノンペン市民における利用率は約0.3%(「グローバルニュースアジア」より)と非常に低くなっており、期待されていた渋滞解消への寄与には至っていない状況です。

利用者が増えない要因の一つには路線数が少ないことが挙げられるかと思いますが、前述の「プノンペン公共バス交通改善計画」により、2020年までに10路線まで増線・整備が行われる予定です。

同計画については、昨年11月、日本の国際協力機構(JICA)がカンボジア政府との間で13億9600万円を限度とする無償資金協力の贈与契約を締結し、公共路線バスの調達支援を行うことになりました。

また、プノンペンポスト紙によると、今月上旬には早々に5路線が増線されるとのこと。
今回の増線にあたっては、中国が新品のバスを100台寄贈したといいます。
追加の5路線がいつから本格稼働するのかは分かりませんが、主要な幹線道路を結ぶ線もできるということで、これからのバス利用率増加に期待が持てます。

プノンペンの路線バス

前述の通り、現在はまだ利用率が低いプノンペンの公共路線バスですが、実際の使い勝手はどのようなものなのでしょうか?

上の写真は1番の路線バス。
車体は比較的綺麗です。

バス停には、バス待ちをする人々。

運行時間は5:30〜20:30
バスはおよそ15分程度の間隔でやってきます。

運賃は片道一律1,500リエル(約0.38USドル)
トゥクトゥクで市内近距離間を移動すると、距離にもよりますが片道で1~4USドル位はかかってくるので、これはかなりの低価格設定といえます。さらに、学生、お年寄り、障害者、僧侶は無料です。
通学・下校時間には学生の利用客で混雑することも。

市内3路線は空港方面と市内を結ぶ線などあり、存在を知っていれば、現地の人々はもちろん、空港利用のある外国人にとっても、割と使い勝手の良い路線といえそうです。

車内はエアコンも効いており、快適に乗車できます。

日常の行動圏内に路線がある場合は、使わないと損かもしれません。

路線バス利用率向上の課題と可能性

さて。
増線で利用率向上に期待がかかるプノンペンの路線バスですが、カンボジア人の人々が頻繁に利用するようになるまでには、少し時間がかかることも予想されます。

バスを利用する場合、バス停から目的地までは、どうしても多少の徒歩移動が発生すると思います。

しかし、これまでドアツードア移動が普通だったカンボジアの人々は、日頃自分の足で歩く機会が殆どなく、ちょっとした距離の徒歩移動でも疲れてしまう人が少なくありません。
日本に行ったことがあるカンボジアの人々の中には、電車に乗るために駅構内を歩くだけですぐ疲れを感じてしまうという人も。

また、日本のようにきちんと整備された歩道がなく、車道ギリギリに車がぎっしり駐まっており、歩きづらいという問題もあります。バス利用を増やすためには、バスだけでなく周辺環境の整備も必要になってきそうです。

一方、自分のバイクを持たず、家族と共用していたり、いつも家族に送り迎えしてもらっているカンボジア人が少なくないのも事実です。
自分の足で動けないというのは結構不便ですし、毎回トゥクトゥクやバイクタクシーを使うと出費もかさみます。
今回の増線により、路線バス利用という選択肢が市民の間でも少しずつ認知され、除々に利用の習慣化が進んでいくとよいですね。

在住者としては、バス利用が増えることで渋滞が減ることはもちろん、同じくJICAが支援する信号機設置等の交通管制システム整備も相まって交通状況が改善され、より安心して暮らせるようになることを願うばかりです。

 

▼参考リンク:

・外務省 海外在留邦人数調査統計
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000043.html

・国際協力機構(JICA)ニュースリリース(2016.11.30)
https://www.jica.go.jp/press/2016/20161130_01.html

・『グローバルニュースアジア』【カンボジア】プノンペン、バス運営改善プロジェクトーJICA(2017.2.26)
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4130&country=6&p=2

・『The Phnom Penh Post』 100 additional buses descend into city』(2017.6.29)
http://www.phnompenhpost.com/post-property/100-additional-buses-descend-city


絆ストリートのペットショップ~Petpartner SHIRO~

こんにちは!
日本の文化とおもてなしの心をカンボジアへ広めるという志のもと、弊社HUGSで2013年から進めてきた絆ストリートプロジェクト

今回は、昨年8月にオープンした、プノンペン唯一の日本人経営ペットショップであるSHIROさんを取材させて頂き、オーナーの宍戸さんにお話を伺うことができました。

宍戸さんは北海道のご出身。
ペットの専門学校をご卒業後、一般企業の営業職や飲食業などでのお勤めを経た後、家業である電気通信工事業に約3年間従事され、その後初めての起業をカンボジアでされました。

カンボジアでの起業を考えるきっかけとなったのは、BS経営で知られる木村勝男会長の存在。
ご実家の事業の展開を考える中で、木村会長が主催する「飯の種」探しツアーに参加され、カンボジアを訪問。

様々な産業が未成熟で、0から1を創り上げていくことが求められるステージのカンボジアで、「日本人初」に挑戦したいという想いが強くなったといいます。

具体的に事業をスタートするまでには、カンボジアのほか、シンガポール、タイ、ベトナム、といったASEAN各国を視察され、経済成長余力、市場の成熟度、地の利、国民性といったポイントを総合的に判断した上で、カンボジアで起業する決意を固められたとのこと。

「やってみなわからん」「やったことしかのこらん」

という木村会長の言葉を体現するかのように、色々なものが確立されておらず発展途上である環境で、トライアンドエラーを繰り返しながら自ら市場を創る挑戦をされています。

宍戸さんが経営するPetpartner SHIROは、絆ストリートの中心、日本人経営の飲食店、美容室が立ち並ぶゾーンに位置します。

お店には、オーナーの宍戸さん、そして日本人トリマーの品川さん、そしてカンボジア人の女性スタッフさんが常駐しています。

宍戸さんと品川さんは専門学校時代の同級生ということで、チームワークも抜群です!

現在の主なサービスメニューは、
・グルーミング
・グッズ販売
・生体(犬、猫)販売
・ペットホテル
・出張ペットシッター

お客様は、おおよそ、カンボジア人:30%、日本人:20%、韓国人:20%、中国人:20%、欧米:10%といった構成とのこと。

経済成長著しいカンボジアでは、日本の高度成長期同様、大型犬の所有がお金持ちのシンボル、一種のステータスとして捉えられているようなところがあり、ハスキー、ゴールデンレトリバーなどが人気だということですが、一方でポメラニアン、プードルなどの小型犬も人気があるようです。

生体についてはタイから、グッズは主に日本から仕入れられています。

ゼロから集客を始めたにも関わらず、開業後、売上は毎月段階的に上がっていき、半年後には収益性を見込めるようになったというSHIROさん。
しかし、開業当初は数々の苦労も経験されています。

日本人経営であること、
日本のペットを販売すること、
日本の良質なグルーミングサービスを提供すること・・・

当初は日本式であることが大きな付加価値になると思っていたという宍戸さん。
実際、親日のカンボジア人は多く、「日本式」「日本製」であるだけで信頼を寄せる人々も少なくありません。
しかし、現在のカンボジアのペット市場において「日本式」であることの価値を感じてもらうのは、想像以上に難しかったといいます。
未成熟なカンボジアのペット市場では、まだ“質”を求める段階に来ておらず、安い=良いものという認識の人々も少なくない状況でした。

そのことに、開業後早い段階で気づいた宍戸さんは、スピーディーに路線変更。
生体の仕入れは日本からタイからに変更、グルーミングのサービス内容もローカライズし、料金も半額以下に下げたと言います。
日本人初。
異国の地で0から1を作り上げること。

それは決して生易しいことではなく、上手くいくことばかりではありませんが、生まれ育った日本ではなく、異国の地での起業だからこそ得られる視点というものがあります。

宍戸さんのお話をお聴きしていると、上手く行かないことも全て学びと捉え、軌道修正しながら次なるステップに進んでいく柔軟さを感じます。

最近では、新しい取り組みとして、わんちゃん、飼い主さんがカフェに集まって交流する「第一回わんこ会」を開催されました。

「第一回わんこ会」では、日本から獣医さんをお呼びし、飼い主さん達がわんちゃんの病気に関する相談などをすることができるという企画もありました。
特に、医療施設が不十分なカンボジア。
それは動物病院も然り。
満足な医療を受けられる環境がまだまだありません。
信頼できる日本のお医者さんに相談ができるというのは、飼い主さんにはとても有り難い機会ですね!

今後の展望についてお聞きすると、次のステップとしては、プノンペンで動物病院、カフェ、コミュニティ、物販、グルーミング、生体販売などの利便性の高いサービスを提供できる、ワンストップペット総合施設を作っていきたいとのこと。

「そのためには、想いに賛同して頂ける方が必要です。
是非興味あるトリマーさんや動物医療の関係者の方にはカンボジアに一度来ていただき、ご自身の目でみて、感じて欲しいです!」

と宍戸さん。

さらなる展望としては、
近い将来、亡くなられたお父様の遺志を継いでお母様が経営されるご実家の会社と、カンボジアの事業を繋いでいきたいというビジョンもお持ちです。

弊社HUGSのビジョン
2040年のカンボジアを見据え、新しい価値、文化をカンボジアと日本で共創する。

にも通じるところがあります。

まだまだ色々なことが発展途上であるカンボジア。
宍戸さんのような高い志を持って挑戦する日本人が増えることで、これからのカンボジアが大きく変わっていくことでしょう!

店舗情報

Petpartner SHIRO
❖住所:
 No.75E0,St.63 sangkat Tonle Bassac,Khan Chamkarmon,Phnom Penh,Cambodia.
❖電話番号:
 096 778 5077
❖営業時間:
 10:00〜19:00
 ※月曜日定休
❖Facebookページ:
https://www.facebook.com/petpartnershiro/?fref=ts


祝・直行便就航!弊社カンボジア人スタッフも初訪日

<写真:Aviation Wireより>

こんにちは!
今月9月1日、ついにANA成田-プノンペン間の直行便が就航しました。

この路線は、日本からカンボジアへの唯一の直行便となり、カンボジア在住者や出張等で日本とカンボジアを行き来する機会が多い方々の間では、本当に待望の就航だったといえます。
また、経済ステージが上がっていき、海外に行くカンボジア人も少しずつ増えている中で、今後この直行便を使い、観光・留学・ビジネス等で日本に行くカンボジア人も増えていくのではないかと思います。
この度私も、今回が飛行機初搭乗・初訪日となる弊社カンボジア人スタッフと一緒に、往復直行便で日本出張に行ってきました。
これまで日本滞在経験ゼロにも関わらず、ビジネス上級レベルの日本語を使いこなし、日々私達の通訳としても大活躍してくれている彼が初めて見た日本とは・・・?
併せてレポートさせていただきます。

まず、私の直行便搭乗の感想は、
とにかく早い!!!
これに尽きます。


<写真:Aviation Wireより>

これまで日本⇔プノンペンの移動には、タイ、ベトナム、シンガポール、韓国、中国などでの乗り継ぎが必要で、どんなに短くても片道で正味9-10時間ほどかかっていました。
それが今回の直行便では片道6時間
成田をお昼前の11時に出発し、15時10分にはプノンペンに到着する訳ですので、到着後早々に商談を入れることなども難なくできてしまいます。
時間を有効に使えるのが嬉しいですね!
一方、人生初の搭乗機がANAの直行便になった弊社スタッフの感想は・・・・・・

「飛行機は初めてなので最初は怖かったですが、しばらく乗ってみたら、プノンペンから実家に向かうバスの様で、安心しました。」

とのこと。

安心してもらえて何よりです(^^)

無事、初飛行機で日本に到着後、彼には、4日間みっちりと日本を体感してもらいました。
今回彼が滞在したのは、東京・長野(上田)・愛知(名古屋)の3都市。

後日、彼から初訪日の感想として、以下のようなコメントをもらいました(原文ママ)。

・日本は、先進国で、凄く綺麗な国だ。一切ゴミがなくて、ゴミは、処分の前に、ちゃんと分別される。カンボジアは、ゴミだらけで、分別されてない。
・日本人は、ほとんど電車で出勤する。早く歩いたり、走ったりする。
・日本人は、礼儀正しくて、親切な人間。私が道に迷ったとき、道を案内してくれた。そして、譲るような感覚があると思う。
・食べ物のクオリティが高い。生魚・肉を食べても安心。衛生をちゃんと管理されているそうだ。
・ルールをちゃんと守っている。特に横断歩道のところに車を止めてくれる。
・日本は、地震・津波がよくある国だが、安全・治安は世界―だと思う。夜遅くても安心して歩ける。
・日本は初めてだから、電車の乗り方が分からない。特に乗換が一番大変。
・インターネットが制限されている社会。カフェとレストランに行ってもインターネットがあまり接続されていなく、外国人にちょっと不便。
→カンボジアは、ほとんど接続されている。便利。

「横断歩道のところに車を止めてくれる」

これはカンボジア人ならではの感想ですね(^^)
カンボジアでは、横断歩道などというもの自体が殆ど存在せず、歩行者が車・バイクを掻き分けて進むのが常ですから・・・

「インターネットが制限されている社会」

これも海外から日本に来る方、海外各国を周遊したことがある日本人の方々は痛感するところでしょうね。

カンボジア・プノンペンでは、外国人が利用するような飲食店(ローカル食堂など除く)では、ほぼどこへ行ってもWiFi接続が可能です。
セキュリティ意識の差もあるのでしょうが、この点においては本当に日本は不便です・・・
今回は、4日間という短い期間の滞在でしたが、まだまだ日本で行ってみたいところがたくさんあるという彼。
次回訪日時の続編に期待です!
——————-

さて、直行便の話題に戻りますと、全240席のところ、就航初日の成田→プノンペン行きの便は223人が利用したといいます。
その後の搭乗率は日によってばらつきがあるようですが、9割近く埋まっている日もちらほら。
今回の直行便就航の背景には、経済発展に伴う日系企業のカンボジアへの進出増加、それによるビジネス需要拡大への期待があるとされています。
こちらの通り、カンボジアに進出している日系企業数は年々増加し、今や200社を超えています。


<カンボジア商工会データより、弊社作成>

直行便の就航に加え、近年日本人学校日系病院などの日本人が安心して暮らせる生活インフラが充実しつつある中で、進出企業はさらに多くなるものと思います。
駐日カンボジア大使のキム・チアター氏は、直行便就航にあたり、「2020年までに30万人の日本人観光客を迎えたい。より多くの日本の投資家や日系企業に関心を持って頂きたい・・・・」と話しています。
ちなみに2015年度の日本人のカンボジア来訪数は19.3万人でした。


<カンボジア王国観光省『TOURISM STATISTIC REPORT 2015』より>

観光スポットのアンコールワットは、トリップアドバイザーの「日本人が行ってよかったと思う海外観光スポットランキング」で幾度も1位を獲得するなど、日本人に大変人気があり、カンボジアへの日本人来訪数を支える大きな要素であるといえます。
一方、今回の直行便就航をきっかけに、アンコールワットのあるシェムリアップのみならず、経済成長著しいカンボジアの首都プノンペンに対し、ビジネス拠点としての関心がこれまで以上に集まることは間違いなく、今後は観光+ビジネスの両軸で日本人来訪者数が増加していくものと思います。

ますます身近になったカンボジア・プノンペン
ぜひ一度、直行便を使ってお越しください!

▼参考リンク:
・Aviation Wire
http://www.aviationwire.jp/archives/98859