絆ストリートのレストラン 〜カンボジアのひもの屋、麺屋武一〜

こんにちは!

日本の文化とおもてなしの心をカンボジアへ広めるという志のもと、弊社HUGSで2013年から進めてきた絆ストリートプロジェクト

今回は、2015年2月のオープン以来順調に売上を伸ばしている「カンボジアのひもの屋」と複合業態の「麺屋武一」訪問し、オーナーである井口 孝志社長にお話をお伺いさせて頂きました。

大手企業の駐在員時代に芽生えた食への想い

井口社長は北海道札幌市のご出身。
国立東京商船大学大学院(現東京海洋大学大学院)で博士前期課程を修了された後、株式会社日揮に入社。約5年間の在職期間中には、1年半のインドネシア駐在を経験されています。

駐在されていたのは、インドネシア第2の都市スラバヤからさらに車で3時間程のところにあるトゥバン。そこで日本人8人で4,000人の現地スタッフを動員するという大規模なプロジェクトに従事されていました。

トゥバンには日本食レストランこそありませんでしたが、多忙を極める現地での生活の中、井口社長を癒やしてくれたのはいつも“食”でした。

そのような経験を通じ、いつからか飲食分野での起業を志すようになったといいます。

現在、日本国内外で合計9店舗13業態を展開する井口社長ですが、食を通じて安心感や懐かしさを感じてもらいたいという願いには、インドネシア駐在時代にご自身が感じた様々な想いが込められているのでしょう。

飲食の道で生きることを決意した井口社長は、インドネシア駐在後に日揮を退職。
「つぼ八」創業者であり、当時「ひもの屋」を展開していた石井 誠二氏率いる株式会社 八百八町にて、2006年から新たなキャリアをスタートさせました。

そして、1年後の2007年には個人事業として「綱島のひもの屋」の業務委託契約を開始し、後に独立。
株式会社 エキサイトとして法人化し、日本国内で複数の出店を行った後、2015年2月から海外進出。

その後、たった2年の間にカンボジア、シンガポール、ベトナムの3カ国に4店舗6業態を次々に出店され、現在に至っておられます。

海外初出店の地、カンボジアの魅力とは?

2017年現在のプノンペン

今では日本と海外3カ国を毎月頻繁に行き来し、各国で精力的に活動されている井口社長ですが、海外展開はここカンボジアからスタートされました。

海外出店にあたっては、以前駐在していたインドネシアや、後に出店することになるシンガポール、ベトナムといったASEAN諸国を視察していたそうですが、なぜ初出店の地としてカンボジアを選ばれたのでしょうか?

その理由を伺ってみると、

-出店コスト、ランニングコストが低い
-独資で開業可能であるため、スピーディな出店が可能
-英語が通じる
-米ドルが主要通貨として流通しており、極端なインフレがなく安定している

といった点が大きかったといいます。

また、「これは出店後に他国と比較する中で感じるようになったカンボジアの良い部分」と前置きしながら、

-賄賂請求等が比較的少なくクリーン
-会計システムがシンガポールや香港など先進国に似ていてやりやすい
-英語堪能、ハングリー精神旺盛なスタッフが多い

といった点を挙げられました。

3カ国で同時展開する中で、カンボジアのビジネス環境を出店時とはまた違った角度から評価されているようです。

改良を積み重ね、売上は右肩上がり

「カンボジアのひもの屋」と「麺屋武一」の複合業態店

さてここで、井口社長率いるエキサイトグループがカンボジアで経営するお店をご紹介したいと思います。

2015年2月の出店時には「カンボジアのひもの屋」の1業態でしたが、2016年7月に一部店舗を改装し、東京新橋に本店を持つ人気ブランド「鶏白湯ラーメン・麺屋武一」をフランチャイジーとしてオープン。1店舗2業態というカンボジアではまだ珍しい試みをスタートされました。

気になる現在の月商は、オープン初期対比2.3倍とのこと。

顧客層については、オープン当初は日本人のお客様が大半を占めていましたが、現在では日本人3:その他7という割合に。
日本人の固定客数は維持したまま、その他のお客様数が増えたことで日本人割合が下がってきたという、理想的な状況です。
ラーメン提供開始をきっかけに、中華系カンボジア人台湾・香港人のお客様が増えてきたといいます。

平均単価についても、
オープン当初(2015年):約$12⇒オープン後1年(2016年3月): 約$20⇒現在(2017年8月):約$25と着実に上がっています。
※いずれも、「ひもの屋」のディナー単価

単価アップには、オープン後に状況を見て「ひもの屋」メニューの価格設定を見直したこと、ラーメン提供を始めたことが関係しているのではないかと思われます。

ランチにも飲んだ後の締めにもぴったり。麺屋武一のラーメン

ちなみに、「麺屋武一」単体平均単価は約$8「ひもの屋」ランチの平均単価約$10
ランチについては、今後もう少し価格を下げることで、日本人以外のお客様をさらに多く取り込んでいきたいとのことです。

人気メニューは、

日本人のお客様では「ひもの屋」の看板メニューである縞ホッケ(フルサイズ:$17.8、ハーフ:$9.3)や締めのラーメン(スモール:$4.5〜)など。

カンボジア人のお客様では、お刺身($5.5〜)のほか、日本では提供していない寿司(2貫:$2.9〜)、寿司ロール($5.8〜)や唐揚げ(フルサイズ:$5.8、ハーフ:$3.5)などのチキン系のメニューだそう。

ひもの屋といえば、特大縞ホッケ
日本から直送された鮮魚を使ったお刺身
カンボジア人も大好きな寿司、寿司ロール

メニューの一部でローカライズを行いながら、“Japanese Historical居酒屋”というコンセプトの通り、店内の雰囲気を含め、現地の人々にも分かりやすく、日本の良いイメージ・安心感や懐かしさを感じるような工夫が随所になされています。

日本から届いたばかりの鮮魚達
日本酒ほか酒類も豊富。カンボジア人のお客様には熱燗のウケがよいそう

人を育てる経営へのこだわり

エネルギッシュなスタッフの皆さん

オープン後、順調に売上を伸ばしている要因の一つに、井口社長の徹底した育成の姿勢が挙げられると思います。

現地スタッフの管理・育成は、海外出店においてもっとも苦労することの一つと言っても過言ではないでしょう。

海外でビジネスをする以上、現地の文化・慣習の理解が必須で、すべてにおいて“日本式”を押し付ける訳にはいきませんが、ブランドを守り、日本のサービスの良い部分を守るためには管理が必要になってきます。

しかし、グローバルに多店舗展開している企業になればなるほど、オーナーやマネージャーが1箇所につきっきりでいることは難しくなりがち。
現地に日本人の管理者が不在の場合、現場との意識のズレが生じ、統制が取れなかったり、スタッフのモチベーション維持が難しい場合もあります。

そんな中、「カンボジアのひもの屋」「麺屋武一」では、現在常駐の日本人スタッフはおらず、マネージャークラスのカンボジア人4名を中心に、総計約20名のカンボジア人スタッフのみで運営を行っています。

これだけでも驚きですが、さらに驚くべきことは、スタッフの3割は2年以上勤続、残りの7割も1年以上勤続しているという点です。
数ヶ月以内に離職してしまう人も多く、職を転々とするのが珍しくないカンボジアにおいて、スタッフが辞めないというのは本当に素晴らしいことです。

オープン後、2年間は日本人店長が常駐していたものの、軌道に乗った段階でカンボジア人のみの体制にする判断をした井口社長。

各国を飛び回る過密スケジュールの中、ご自身も毎月必ずカンボジアを訪れ、スタッフと密にコミュニケーションを取ることを非常に大事にされています。

また、「カンボジア人スタッフは英語が堪能。さらに、仕事に対してハングリーで勢いがある優秀なスタッフが多い。」と仰います。

社長自ら毎月現場に顔を出し、直接スタッフとコミュニケーションを取り、指導すること。
そして、社長のスタッフに対する期待と信頼が、彼らのモチベーション維持に繋がり、ひいては売上に繋がっているのだと強く感じます。

さらにアジアへ、カンボジアへ!

井口社長と

最後に、

全体方針としては、アジアで5年以内に30店舗展開
カンボジアにおいては向こう1年以内に1~2 店舗新規出店
という今後の目標についてもお伺いすることができました。

2年半カンボジアで事業を継続された上で、
「ここにはチャンスしかない!」と力強く語る井口社長。

今後のカンボジアでの展開が楽しみで仕方ありません!

店舗情報

カンボジアのひもの屋、麺屋武一

❖住所:
No.56, St.63 Sangkat Tonle Bassac, Khan Chamkarmon
❖電話番号:
023 452 8888
❖営業時間:
11:00〜26:00
❖Facebookページ:
https://www.facebook.com/himonoyacambodia/?fref=ts


日本企業のカンボジア進出 本格化の兆し

こんにちは!

ニュースサイトのNNA ASIAによると、昨年、日本企業のカンボジアへの投資が過去最高額8億2,515万米ドル(約930億円)となりました。

これは、前年の5,680万米ドルの14倍超となる数字で、大幅増となっています。

グラフ:NNA ASIAより

▼参照元リンクhttp://www.nna.jp/news/result/1573054#%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%B8%E3%82%A2

上記投資額は、税制優遇措置を受けることができる「適格投資プロジェクト(QIP)」案件の17件(2016年度認可)がベースとなっています。

そのうち、2016年の投資認可額の大半を占めたのは2件。

一つの大型投資は、プノンペン北部のニュータウン開発地に2号店を建設しているイオンモール

2014年6月に開業した1号店に続き、2号店は2018年の開業が予定されています。

1号店は、約3年前の開業時から、現地のニーズを捉えつつ、テナントを入れ替えながら、着実に現地カンボジア人の来客数を伸ばしています。

今後、プノンペン中心地に位置する1号店は、よりラグジュアリーな路線に変更していく一方、建設中の2号店は、郊外の若者を中心とした層をターゲットにしていくとのこと(※2015年8月 イオンモール記者会見より)。

2号店には、シネマやボーリング場のほか、1号店にはない本格的な室内遊園地やウォーターパーク、ナイトクラブなども入る予定(イオンモール ニュースリリースより)で、デートスポットや家族連れのレジャースポットしても注目を集めることでしょう。

イオンモール1号店

 

もう一つの大型投資案件を手掛けるのが、こちらの記事でも紹介したA2A Town

A2A Townは、昨年弊社も社員旅行でお世話になった“カンボジアの軽井沢” vKirirom Pine Resortや 、IT・最先端技術の教育を通じて現地の起業家を輩出するキリロム工科大学を有する一大都市開発プロジェクト「vKirirom」を指揮する企業です

vKirirom Pine Resort

このほか、昨年からタイ国境のポイペトにある経済特区(SEZへの日系製造業社の投資も盛り上がっています。

ポイペトには、既に日系企業が運営する経済特区がありますが、昨年カンボジア証券市場に上場し、40社以上の日系企業を抱えるプノンペン経済特区社(PPSEZ)が新たな経済特区の建設を計画しています。

2017年、カンボジア労働職業訓練省が定める縫製ワーカーの最低賃金は、前年比9.3%引き上げの153ドル/月となり、年々着実に上がっていますが、それでも周辺のタイ・ベトナム等に比べるとまだ低い状況。

カンボジア最低賃金推移

タイプラスワンの流れで、製造拠点の一部を人件費の安いカンボジアに移管する日系製造業社の進出が新たに見込まれるものと思われます。

 

さらに、日系企業の進出と言えば、先日、みずほ銀行がカンボジアに支店開設予定というニュースがありました。

大手日系金融機関の進出は、その他の日系企業進出に確実に拍車をかけるでしょう。

これまで大手企業の進出は製造業中心でしたが、他業種での進出も今後ますます増えるものと思います。

 

昨年は、日本⇔カンボジア間初の直行便が就航。
また、「日本の医療まるごと輸出」をし、日本式救命救急センターを有するサンライズジャパンホスピタルが満を持して開業するなど、カンボジア都市部のインフラは確実に整ってきています。

国道も昨年1年間にかなり整備され、車での国内長距離移動も格段にスムーズになりました。

これまでプノンペンの街中に数えるほどしかなかった信号機は、昨年から日本の国際協力機構(JICA)の資金援助により100機に増え、先日からようやく3機の点灯が開始されました。

写真:The Phnom Penh Postより

プノンペンポスト紙によると、5月末までには100機すべてが点灯予定で、新たに交通管制センターもでき、一括監視・管理もできるようになるとのこと。

本格的に稼働・運用されるまでにはしばらく時間がかかりそうですが、交通渋滞や交通ルールを無視した運転が横行していたプノンペンにおいて、これは大きな一歩と言えそうです。

 

ご参考までに、2017年3月時点のカンボジア商工会の日系企業会員数は、対前年同月比で+26社の240社(正会員180社+準会員60社)。

最新の在留邦人数(2,492人 ※2015年10月時点)の対前年比伸び率は+9.8%で、直前3年における毎年+20%以上の伸び率に比べると鈍化していましたが、上記のようなインフラ整備の流れを受け、今後また盛り返してくるのではないでしょうか。

グラフ:外務省『平成28年 海外在留法人数調査統計(平成27年10月1日現在)』を元に弊社で作成

大手企業を含めた日本勢のカンボジアへの投資・進出ラッシュは、ここからが本番になりそうです。

▼参考リンク:

・『NNA ASIA』日本企業の投資が過去最高 カンボジア、16年通年は930億円(2017.2.20)

http://www.nna.jp/news/result/1573054#%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%B8%E3%82%A2

・イオンモール株式会社 ニュースリリース(2016.6.27)

http://aeonmall.com/files/management_news/798/pdf.pdf

・『グローバルニュースアジア』プノンペンの道路渋滞緩和に新しい信号システム(2016.12.29)

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4003&&country=6&&p=2

・『The Phnom Penh Post』City Hall flips on the (traffic) lights(2017.3.9)

http://www.phnompenhpost.com/national/city-hall-flips-traffic-lights

・JBAC カンボジア日本人商工会 ホームページ

http://www.jbac.info/

・外務省『平成28年(2016年) 海外在留邦人数調査統計 ※平成27年(2015年)10月1日現在』

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000043.html


Uberも参入?カンボジアの配車サービス事情

こんにちは!
先日、米国の配車サービス大手のUberが、カンボジアへの市場参入を視野に調査を行うとのニュースがありました。

ここカンボジアには、Uberや東南アジアで勢力を伸ばすGrabといった大手の配車サービスはまだ参入していませんが、昨年1年間に、首都プノンペンを中心にローカル発の類似配車サービスがいくつもでき、この市場自体は少しずつですが盛り上がりを見せ始めています。

プノンペンには公共交通機関が殆どなく、主な移動手段は車、バイク、トゥクトゥク、バイクタクシーといったものになりますが、昨年から、これらの配車アプリがざっと把握できるだけでも5つ以上ローンチされています。

2016年6月にカンボジア初の配車サービスとして、現地の起業家がはじめたExnet Taxiを皮切りに、その後もタクシー配車サービスのほか、トゥクトゥクやバイクタクシーの配車サービスもはじまっています。


<写真:Exnet Taxi Facebookページより>

いずれもサービス仕様は似ており、アプリダウンロード→会員登録→現在地/行き先・車タイプ指定→現在地周辺のドライバーを地図上に表示→ドライバー指定→ドライバー名や顔写真・到着見込み時間表示→乗車→到着後、移動距離に従って料金提示→支払いという流れになっています。

タクシーの場合、初乗りが$0.75〜$1.1程。
その後1kmごとに$0.5前後加算されるものや、移動距離やトラフィック状況を加味して料金が決まるシステムものものも。
自家用車やバイクを持たないプノンペン滞在の方々の中には、
・人通りが少ない場所・時間帯で流しのトゥクトゥク・バイクタクシーを探すのは大変
・毎回金額交渉をするのが面倒
・電話でタクシーを呼ぼうとすると言葉が通じず、正しい情報を伝えづらい


といったような不便さを感じる方も少なくないと思います。
そんな中、
スマートフォン一つで現在地まですぐにドライバーを呼べ、適正価格で乗車できるこのようなサービスの存在は大きいのではないでしょうか。

カンボジアでは、「トゥクトゥク?」「モトバイ(バイクタクシー)?」と道行く人に仕切りに声を掛けるドライバーの姿がたくさん見られますが、ドライバーもこうした配車サービスに登録することで、集客をしやすくなるというメリットがあるでしょう。

先述のExnet Taxiにはフリーのドライバーのほか、タクシー会社所属のドライバーがパートタイマーとして登録しており、所属会社の方で入客がない隙間時間などにExnetで稼いでいるようなケースもあるといいます。
Exnet側の手数料は配車1件につき1,000Riel(約$0.25)+運賃の10%
残りがドライバーの収益となります。
なお、このような状況で、優良ドライバーが他の配車サービスに流出するリスクを防ぐため、自社で配車サービスを開発するタクシー会社も出てきているようです。

さて。

活況を見せはじめているカンボジアの配車サービス市場。
まだまだ課題もたくさんあります。
・登録ドライバー数が十分でなく、現在地周辺にドライバーがおらず車を呼べない
・ドライバーがサービスをよく理解していない
・ドライバーが道が分からないと乗車拒否をする

 →カンボジアのドライバーは地図が読めない人も多い
・メーターを回してくれない
・・・といった体験談もちらほら。

また、既存サービスでは支払いは基本現金で、オンライン決済ができないのも課題です。

これに関しては、先日Uberの責任者が接見した商業大臣が、「カンボジアでは、Eコマース法が間もなく施行されようとしているところであり、これができればオンライン決済も実現でき、Uberもよりスムーズにこの地で事業展開できるでしょう。」と言っている通り、今後に期待したいところです。

2016年8月時点で、Exnet Taxiのユーザーの約85%が外国人であったという話もあり、現時点ではこれらの配車サービスのユーザーの多くは、在住や長期滞在の外国人なのではないかと思います。

今後、大御所Uberがどのような形で参入をしてくるのか?
現地カンボジア人や短期滞在の観光客・出張者をターゲットにしたマーケットがどれだけ広がっていくのか?
非常に楽しみです!

▼参考リンク:
・『KHMER TIMES』Uber now eyes Cambodia(2017.1.17)
http://www.khmertimeskh.com/news/34343/uber-now-eyes-cambodia/
・『The CAMBODIA DAILY』Cambodia’s Answer to Uber: Tuk-Tuk Apps(2016.10.19)
https://www.cambodiadaily.com/news/cambodias-answer-uber-tuk-tuk-apps-119458/
・『The Phnom Penh Post』Local car hire app gets a jump on Uber(2016.8.4)
http://www.phnompenhpost.com/business/local-car-hire-app-gets-jump-uber