本格コーヒーから変わり種まで 進化するカンボジアの屋台カフェ事情

カンボジアのカフェ最新事情

以前、こちらの記事でもご紹介したように、カンボジア人はカフェが大好きです。

中でもCafé Amazonは、記事を更新した2017年2月以降も新店舗が続々とオープンしており、まさに急展開中ですが、今のところどの店舗を覗いても満席という状況。

手頃な値段で入れる話題のブランド店ということで、カンボジア人の若者の間では「Café Amazon」に行くこと自体が一種の流行りになっているようです。
人気店だし、店内の雰囲気も良いし、友達と集まったり勉強や仕事に集中しやすい」ということで、弊社のカンボジア人スタッフ(20代前半・男性)も週1回は通っているそう。
ちなみにこのスタッフは、「STARBUCKS」は1回のみトライしたことがあるものの、「STARBUCKS」参入以前からカンボジア人の間で不動の人気を誇る「BROWN COFFEE」には一度も入ったことがないとのこと。「Café Amazon」はこれまでカフェに馴染みがなかった層も着々と取り込んでいる様子です。

さて、カンボジアのカフェの近年のトレンドとしては、屋内店舗型のカフェだけでなく、急増する屋台カフェも見逃せません。

元々は、日本人経営の「UEDA COFFE」が屋台カフェの走りとも言われていますが、今では至るところに同様の可動式屋台カフェを目にすることができます。

カフェ専門屋台から食べ物と一緒にコーヒーを売る屋台までを合わせると、路上でコーヒーを購入できる場所はまさに無数にあります。

これまで、このような屋台カフェで購入できるコーヒーの定番と言えば、カンボジアでも採れるロブスタ種の豆を使い、練乳をたくさん入れた甘〜いミルクコーヒーでした。
お値段は1杯2,000リエル(約$0.5)位~。屋内店舗型のカフェメニューの2分の1~3分の1以下とリーズナブルです。

コーヒー自体の味はベトナムコーヒーに近いと言うと、日本の方々もイメージしやすいでしょうか?
カップいっぱいに氷を入れた上から少量のコーヒーと缶に入った練乳をたっぷり。はじめは「甘すぎて飲めない!」と言っていた人もいつの間にかやみつきになってしまうようなお味です。
中にはその場で抽出してくれる店舗もありますが、ペットボトル等に入った作り置きのコーヒーにその場で練乳を混ぜて作っているお店も少なくありません。

屋台カフェは、ドリンクを作る最低限の原材料と容器、屋台用カートがあればすぐに始められる低投資ビジネスの代表格とも言えるでしょう。

屋台はどんどんお洒落に、本格的に

これまでは、屋台カフェと「BROWN COFFEE」など屋内店舗型のカフェで飲むコーヒーとでは、メニューの値段も味も異なりました。

カンボジア式の甘〜いコーヒーを飲みたければ屋台へ、エスプレッソマシンを使った本格コーヒーを飲みたければ屋内店舗型のカフェに行く必要がありました。

それが、最近では、エスプレッソマシンを搭載した本格屋台カフェが増えてきているのです。

しかも、これらの屋台の多くは外装にもこだわり、従来の屋台に比べると格段とお洒落。コーヒー豆は日本人にも馴染みのあるアラビカ種を使い、値段は従来屋台と屋内店舗型カフェの中間位

弊社HUGSが絆ストリートプロジェクトを推進しているストリート63にも、以前はなかったお洒落な屋台が続々とできてきています。

まず、こちらの「BLACK&WHITE coffee」

これまでの屋台では見られなかったようなお洒落な看板がすぐに目に飛び込んできます。

コーヒー豆は主にカンボジア国産のものを使用していますが、エスプレッソマシンはイタリア製のもの。

本格的なエスプレッソを使ったカフェラテやカプチーノを楽しめます。
カンボジア人のお客さんの一番人気はアイスカフェラテ($1.25)とのこと。

コーヒーの他にはフラッペのほか、その場でフレッシュフルーツを絞って作るソーダなども提供しています。

裏手には内カフェスペースもあり、そちらでドリンクを片手に休むこともできます。

オーナーのカンボジア人女性に話を伺うと、現在「BLACK&WHITE coffee」はプノンペン市内に7店あり、主にオーナーの家族が運営していますが、研修費を含む$8,000の初期投資でフランチャイズ加盟も可能だということです。

続いて、ケーキ屋「ふわり」さんの前に今年オープンした「Stop N Drink」

こちらはオリジナルブランドでフランチャイズ展開はしていないとのこと。
エスプレッソマシンはイタリア製、コーヒー豆もイタリアからの輸入品を使用しているそうです。
やはりカンボジア人のお客さんに一番売れるのはアイスカフェラテ($1.5)だそう。

こちらのお店も屋台カートの後ろに小さなテーブルと椅子があり、座って休むことができます。

「ふわり」さんでケーキを買い、こちらの屋台でコーヒーを買って一休みしても良さそうですね。

急速にフランチャイズ化。今注目の屋台カフェ

続いて紹介するのは、ちょっと変わり種の屋台カフェです。

こちらは、日本の北海道産ミルクを使った甘い飲み物が人気のMonsne Café」
青とピンクのカートに日本語で“ミルク”、そして”HOKKAIDO MILK”と書いてあるのが目を引きますね。

プノンペンポスト紙によると、
今年4月にチェンラ大学という私立大学前に1号店としてオープンしたこの店舗は、オープン後5日間で3,000杯以上を販売したという好調ぶり。オープン後すぐの4月下旬からフランチャイジーを募集したところ、すぐに15件契約が決まったそう。
現在プノンペン市内に既に7店がオープンしており、8店が出店準備中とのこと。

実際にチェンラ大学前の1号店で注文をしてみました。

メニューは以下のように、北海道産のミルクに各種フレーバーを加えたものが中心で、ミルク系ドリンクの値段は一律$1.2
+$0.2でトッピングをすることもできます。

店員さんにお話を伺うと、現在でも1日100〜200杯程はコンスタントに売れているそう。
人気メニューはオーソドックスなMonsne Hokkaido MilkThai Tea Hokkaido Milkなど。

日本でも見覚えのある青いモンスターを模したこんな特別メニューも。

こちらの特別メニューは毎日このチェンラ大学前だけで個数限定で販売しており、プレミア感を演出しています。

1号店の裏手の民家がMonsne Caféオーナーのオフィスであるため、夕方になると仕事を終えたカートが街中からここに戻ってきているそうです。

牛の頭がついたこのカート。複数台並ぶとインパクトがありますね。

フランチャイズオーナーは29歳のカンボジア人男性
自身もFacebookページに頻繁に登場し、商品やフランチャイズビジネスのアピールをする力の入れよう。
屋台前では自らお客さんに「写真撮りましょうか?」と声をかけ、お客さんと商品とともにセルフィー。
ファンを巻き込んでランド育成していこうとする姿勢が見られます。

「Monsne Café」はその他にも、牛のカートの列が続々と”出陣”するインパクトあるFacebook動画広告や、街頭に牛の着ぐるみが繰り出すリアルなイベント、「Facebookのプロフィール写真をMonsne Caféに変更し、Monsne Caféをタグづけした人の中から大賞を選出!」というキャンペーンなど、他の屋台には見られないユニークな広告宣伝を行い、短期間で一気に認知を獲得してきた模様です。

前述のプノンペンポスト紙によると、
フランチャイズ加盟金は、カート・原材料・容器・研修費などすべて含めて$20,000。ロイヤリティーは初めの3年間で$300/月

とのことですが、現在も500人以上フランチャイズに興味がある人がいるというMonsne Café。
シェムリアップとバッタンバンでも出店が計画されています。

Facebookページでも大々的にフランチャイズ加盟への呼びかけがなされています。

加盟金は他の屋台カフェや人気のCafe Amazon($16,000)に比べて安くはないですが、短期間で確立されつつあるブランド力と、固定店舗でないためランニングコストを最低限に抑えられるということから、多くのカンボジア人にとって魅力的なビジネスと映るのでしょう。
オーナー自ら研修をしており1店ローンチするのに時間がかかるということで、一気に出店とはいかないようですが、至るところで牛のカートを見かけるようになる日も近いかもしれません。

場所によっては供給過多とも思える程にカフェが乱立するカンボジア。
近年のカフェブームが今後どのように形を変え進化していくのか、今後もレポートしていきたいと思います。

▼参考リンク:
『The Phnom Penh Post』Herd of mobile milk cafés grows(2017.8.15)
http://www.phnompenhpost.com/business/herd-mobile-milk-cafes-grows

Monsne Café Facebookページ
https://www.facebook.com/monsnecambodia/?fref=ts