カンボジアの伝統行事「水祭り」本日より待望の開催へ!


<写真:『KHMER TIMES』より>

こんにちは。
毎年10月〜11月にかけ、カンボジアでは祝日が盛りだくさんです!

❖2016年10月〜11月 カンボジアの祝日❖
9月30日(金)~10月2日(日)プチュン・バン(お盆)
10月15日(土)シハヌーク前国王弔日
10月23日(日)パリ和平条約記念日
10月29日(土)シハモニ王即位の日
11月9日(水)独立記念日
11月13日(日)~15日(火)水祭り

ということで、

本日11月13日(日)〜16日(水)まで、水祭りの祝日となっています。
※16日(水)は13日(日)の振替休日
水祭りは雨季の終わり・乾季の始まりを祝うカンボジアの伝統行事で、年により開催日は異なりますが、11月の満月の前後3日間に渡って行われることが殆どです。
また、この頃カンボジアでは稲刈りが始まる時期であるため、水祭りは、水の恵みに感謝する収穫祭のような位置づけでもあります。
この水祭りの見どころは、何と言っても、首都プノンペンと観光地シェムリアップで開催される、白熱のボートレースです。
プノンペンで行われるボートレースには、カンボジア中の様々な地方から予選を勝ち抜いてきたチームが集まり、男性(立ち漕ぎ)、男性(座り漕ぎ)、女性といったグループに別れたトーナメント方式にて、市内を流れるトンレサップ川にて、約2Kmの距離を優勝をかけて競います。


<写真:『The Phnom Penh Post』より>

今年は259艘のボートと約18,000人の選手がこのレースに参加するとされており、栄えある優勝の座に輝いたチームには、国王や政府高官から賞金が直接授与されます。
この日のために数カ月〜半年間練習を重ねた選手達の息の合った迫力満点のレースに、例年集まった大勢の観客達は大熱狂します。
色とりどりのチームカラーのシャツを着た選手達が数十人乗りの細長い木製ボートにずらっと並んだ様子は、視覚的にもとても鮮やかで見モノです。


▲大会前日、練習する選手達(シェムリアップ)

水祭りは、天候ほか諸々の事情で、毎年直前に開催有無が決定されますが、開催される年には、白熱のボートレースを一目見ようとカンボジア中から大勢の人々がプノンペンに集まるため、プノンペンのレース開催地周辺は大混雑となります。


<写真:『KHMER TIMES』より>

混雑時には事故やひったくり・スリなどの横行も予想されるため、今年はプノンペン市内で10,000人以上の警官が厳戒態勢を敷くと言われています。
実際、2010年にプノンペンで水祭りが開催された際には、見物客が橋の上で将棋倒しになり、350名以上が死亡、700名以上が負傷するという「ポル・ポト政権以後、最悪の惨事」(フン・セン首相談)とされる痛ましい事故も起きています。

その後、
2011年は事故で亡くなった方々を悼んで中止、
2012年は洪水と前国王崩御のため中止、
2013年は前国王崩御の喪に服すため中止、
2014年に4年振りに開催、
2015年は水不足で水位が十分でなく、プノンペンでのボートレースは中止

となかなか開催に至らなかった水祭り。

今年は過去6年間で2回目のフルスケールの水祭り開催となるわけで、カンボジア人の方はもちろん、在住の日本人の方々の中にも、この日を楽しみにしていらっしゃる方々がたくさんいらっしゃいます。
また、3日間のべ200万人規模の人々が集まるということで、「水祭り商戦」に期待している現地企業の姿も見られます。

例年、水祭り期間中はボートレース開催のほか、レース会場付近に屋台や出店が立ち並び、特設舞台でライブ等が行われたり、花火が上がったりなどお祭りを盛り上げるイベントが目白押しです。

先日のプノンペンポスト紙でも、水祭りの商業的側面について取り上げられていました。


<写真:『The Phnom Penh Post』より>

(以下、記事より抜粋・要約)

■『The Phnom Penh Post』 Potential customers to flood in for Water Festival(2016.11.10)
http://www.phnompenhpost.com/business/potential-customers-flood-water-festival
プノンペン市役所によると、水祭り期間中は5つのスポットがコンサートやエンターテインメントのため押さえられており、このうち数カ所では政府主催のイベントが、その他のスポットでは大手TV局やビール会社等の民間企業によってイベントが企画されているとのこと。
水祭り中に出店ブースを提供しているPTG International Co Ltd. は、メインとなるイベント開催地Wat Bottom Park付近に50〜100のブース出店を見込んでいましたが、今月10日時点で計50のブース出店が決定。
うち、1/3アンコールビールの製造元でありビールメーカー大手のCambrew社によって押さえられているということです。
PTG International社は、前回水祭りが開催された2014年をはじめ、過去にもブース提供を行っていましたが、観客数不足とブースレンタル先不足により、予想を下回る収益で損失を出す年が続いていたということです。
今年は「これが最後」と生き残りをかけた商戦であり、約$40,000を投じて準備をしてきたといいます。
実際、Honly Food and Beverage社のように、限られたスペースに数百万人規模の観客が集まる水祭りを理想的な広告プラットフォームと捉え、観客の一部にリーチできるだけでも広告効果があるのでは?と考える企業もあります。
Honly Food and Beverage社では、この水祭り期間中、新しい飲料ブランドの宣伝を目的に観客へのサンプリングなどを実施するということです。

多くの人が田舎に帰省してしまいプノンペンの街が閑散するクメール正月、プチュンバン(お盆)の時期には、一般のお店もほとんどクローズしてしまいますが、例年水祭り期間中はオープンしているお店も少なくありません。
特に、プノンペンで水祭りが開催される今年はプノンペンに残る人々も多く、他都市から人の流入も見込まれるため、これを商機と捉えてお店を開けるところも例年に比べて多くあるのではないかと予想されます。
様々な意味で待望の2016年水祭りがどのような幕開けになるのか!?
メインイベントのボートレースは、本日11月13日(日)〜15日(火)迄の3日間開催されます。

カンボジアにご滞在中の皆様、お見逃しなく!


カンボジアの日系飲食チェーン〜牛角〜

こんにちは!

日本人・日系企業経営の飲食店、または日系飲食ブランドの進出が年々増えているカンボジア・プノンペン。
2011年に一桁だったその数は、ここ3年の間に急増し、現在では100店を優に越えています。
そのような中、昨年末にオープンした「丸亀製麺」を皮切りに、日系大手飲食チェーンブランドの進出も始まっています。
先月9月22日にはすき焼き・しゃぶしゃぶチェーンの「モーモーパラダイス」が、
今月10月21日には焼肉チェーンの「牛角」がグランドオープンしました!

この度、弊社オフィスから歩いて数分のところにオープンした牛角にて、当店の開業・運営をサポートされている牛角フランチャイズ(FC)本部のご担当者様に、カンボジア牛角1号店のオープンに至った背景や現状についてインタビューさせて頂くことができました。

—————————————–
カンボジアの牛角は、現地のTH・F&B Co., Ltd.という企業が、㈱コロワイドの子会社であり、牛角運営企業である㈱レインズインターナショナルとフランチャイズ契約を締結し、運営しています。
TH・F&B社は、従来、GMカンボジアの正規代理店輸入中古車の販売等を主軸に事業展開を行ってきたカンボジアの有力企業であり、今年から本格的に飲食業に参入をしています。
牛角のほか、今年6月、9月には米国のアイスクリームブランドである「コールド・ストーン・クリーマリー」をプノンペン市内で計2店舗オープンし、

つい先日10月17日には、同じく米国のハンバーガーブランドであり、今年日本にも初上陸した「カールスジュニア」をオープンするなど、立て続けに大型の出店を手がけています。

日本国内および海外12の国・地域計約2,600店舗、日本を除くアジア諸国でも約80店を展開する(※1)コロワイドグループ。
今回の牛角のカンボジア展開においては、隣国のベトナム牛角の直営店や居酒屋「NIJYU-MARU」の経営・管理を行うCOLOWIDE VIETNAMがサポート・バックアップする形を取っています。
(※1)㈱コロワイド プレスリリースより
http://www.colowide.co.jp/datafile_new/pr_news_pdf_file_147522580727.pdf

これまで多くの海外現地企業と共に事業を行ってきた経験から、フランチャイズ本部としての様々なサポート体制を検討した結果、東南アジア近隣諸国からのサポートが最適であるとの判断に至ったといいます。

食材仕入れ・備品調達、現地でのオペレーションといったところにベトナムおよび近隣東南アジア諸国での知見・ネットワークを活かすほか、今回、開業前従業員研修もベトナムで実施されたということです。
TH・F&B社とは、フランチャイズ本部-加盟店という立場ではあるものの、実際には、物件選定、サプライヤー選定、店舗設計、プロモーション等の開業に至るプロセスにおいては両社が意見を出し合い、「共に作り上げてきたという感覚が強い」とFC本部ご担当者様。

実際、東南アジア近隣諸国マーケットを熟知しているコロワイドグループですが、カンボジアの現地消費者に刺さるプロモーション戦略品質管理体制等については、TH・F&B社がカンボジアにおける自動車販売事業で培ったノウハウが存分に活かされており、両者の経験・強みを活かした経営基盤が築けてきているとのことです。

今後のカンボジアでの牛角展開方針については、今後5年間で5店舗出店予定とのプレス発表がありましたが、TH・F&B社と共に市場環境を見極めつつ、展開していく方針ということです。

さて、今回、牛角1号店がオープンしたのは、外国人・カンボジア人富裕層が多く住むボンケンコンエリアになります。
ターゲットはこれらのアッパー〜アッパーミドル層で、ディナータイム客単価想定は$20-$25程度。

メニュー一例としては、
牛角カルビ(一皿)$11.00
牛タン塩(一皿)$6.20
熟成ハラミ(一皿)$7.90
といったところから、
豪州産和牛カルビ(一皿)$42.00
和牛カルビ盛り合わせ(一皿)$86.00

・・・といったところまで。
もちろん、牛角秘伝のタレで楽しむことができます。

全202席の店内は、幅広い利用シーンを想定し、オープン席のほか、接待や家族や親しい仲間での集まりに適した個室、半個室も用意されています。

近年、プノンペン市内には、日系企業経営または日系ブランド焼肉店の出店が相次ぎ、現在10店舗ほど存在しています。
また、元来カンボジア人も肉をその場で焼いて食べる“焼肉”は大好きで、日本式焼肉店が上陸する前からローカル焼肉店(クメールBBQ)は山程ありました。

FC本部ご担当者様によると、このように焼肉店の競争が激化する中で、牛角が目下目指すのは、「日本の大手BBQチェーンとしての牛角というブランドを、カンボジアの地で一人でも多くの方々に知っていただくこと」ということで、カンボジアにおけるブランドイメージの醸成・維持が現状の課題だといいます。

ブランド作りの柱の一つには、従業員教育があります。
その取組みの一つとして、日本語の挨拶で始まり、オペレーション上の課題・反省点などを共有する朝礼を導入。

お店に入ると、爽やかな笑顔の従業員の皆様が、日本式のおもてなしでお迎えして下さいます。

「日本式」を決して押し付けることなく、カンボジア独自のやり方の中に、ごく自然に取り込んでおられます。

今後のカンボジアにおける牛角の展開においては、出店場所に合わせてメニューもローカライズしていく方針とのことです。
TH・F&B社との関係は非常に良好で、互いの経験・知見を活かし、意見を出し合い共に前進していけるパートナーと出会えて良かった、とFC本部ご担当者様。

日本とカンボジアの有力企業がそれぞれ培ってきた経験・ノウハウが存分に活かされて運営されるカンボジア牛角

今後の展開が非常に楽しみです!

店舗概要

㈱コロワイド プレスリリースより
http://www.colowide.co.jp/datafile_new/pr_news_pdf_file_147522580727.pdf

所在地   :No.1,Street 370 Sangkat Boeung Keng Kang I Khan
Chamkarmon City Phnom Penh
席数    :202席、148坪、490平米
月商目標額 :1,000万円
客単価   :2,000~2,500円
営業時間  :11:00AM~11:00PM(年中無休)
電話番号  :+855-(0)23-222-289
主力メニュー:和牛、US牛肉、ホルモン、和定食