プノンペンのショッピングモール

こんにちは!
クメール正月も終わり、プノンペンの街は除々に日常を取り戻し始めています。

さて、先週のクメール正月期間中、静まり返り、半ばゴーストタウンと化した首都プノンペンで、一箇所だけ人々で溢れかえっていた場所がありました。
それは、プノンペン随一のショッピングモール、イオンモールです!

2014年6月にオープンしたイオンモール。
今や、地元の人々にとって、単に買い物をする場としてでなく、お洒落をして行く一種の「晴れの場」となっています。
クメール正月中も、お正月の買い物をする人のみならず、家族でレジャー感覚で訪れていた人々も多いのではないかと思います。
娯楽が少ないプノンペン。
飲食店はもちろん、映画館やボーリング、ゲームセンターなどを抱えるイオンモールは一大レジャー施設ともいえます。
さて、今ではイオンモールの存在が目立ちますが、プノンペンには他にも、衣料品、コスメ、日用品等を扱うショップやスーパーマーケット、飲食店、映画館等のエンターテインメントフロアを併せ持つショッピングモールがいくつかあります。

今回は、そんなプノンペンのショッピングモールをご紹介したいと思います!

❖既存のローカル3大モール

1.Sorya Shopping Center(ソリヤショッピングセンター)

<画像:Sorya Shopping Center Facebookページより>

2002年、内戦終了後に初めてプノンペンにオープンしたショッピングモールです。

プノンペンのシンボルとされ、観光要所ともなっているセントラルマーケット近くのベストロケーションに位置し、主にローカルターゲットのテナントでひしめき合っています。
ショッピングセンターには、地元のカンボジア人のほか、観光スポットとして訪れる外国人の姿も少なからず見られます。
ショッピングセンターオーナーは、カンボジア3大銀行の一つであるカナディア銀行
中華系カナダ人とカンボジア中央銀行の合弁企業の出資により開設された銀行で、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行と業務提携もしています。
先日のThe Phnom Penh Postの報道によると、Sorya Shopping Centerは今年$50,000で改装工事を行い、テナントの一新ととともにリブランディングを図るということです。
新たにSoriya Center Pointという名前に生まれ変わり、ローカルトレンドに対応するだけでなく、より観光スポットとしての要素を強めるべく、国際的なブランドの誘致も積極的に行うとのことです。
▼参考リンク
http://www.phnompenhpost.com/post-property/sorya-shopping-center-get-5-million-makeover

2.Sovanna Shopping Center(ソバンナショッピングセンター)


<画像:Sovanna Shopping Center Facebookページより>

Sorya Shopping Centerと同様、カナディア銀行所有のショッピングモールで、2008年にオープンしました。
見た目もSorya Shopping Centerにそっくりです。
観光客はあまり足を伸ばさないような、プノンペン南部の新興住宅地にあり、顧客の多くはカンボジア人といえるでしょう。
カンボジア人に人気の飲食チェーン店が一通り揃っています。

3.City Mall(シティモール)


<画像:City Mall ホームページより>

プノンペンの一大競技場であるオリンピックスタジアムのすぐ傍にあるショッピングモールで、2009年にオープンしました。
衣料品、コスメ、日用品等のショップやスーパーマーケット、飲食店、映画館等のエンターテインメントフロア・・・といったテナント構成はSorya、Sovannaと似ています。
最近では、マレーシア小売最大手と言われるスーパーマーケットのGiantがオープンしました。
モールの顧客の大半はカンボジア人ですが、Giantには外国人の姿も多く見られます。

❖これからオープン予定の3大モール

既存の3大ショッピングモール内のテナントについては、世界的に有名なブランド店の入居はまだ少なく、市場や市場周辺の路面店で見られるような無名のローカルブランドを扱う店が多くを占めています。
また、お洒落をして行く「晴れの場」としての要素は、イオンモールに比べるとまだまだ少ない状況です。
そのような中、向こう3年の間には、外資の新たなショッピングモールがオープン予定で、レジャー感覚で訪れるお洒落なスポットも年々増えていく見込みです。

1. イオンモール2号店


<写真は1号店のもの>

プノンペン・トゥールコック地区のニュータウン開発地Pong Peay City内に、2018年にオープン予定です。
記者会見では、郊外の若者中心の消費者層に対応するため「これまでカンボジアにはなかった商品やサービスを体験してもらうこと、圧倒的な品ぞろえの幅と深さをもつことを追求していきたい」との方向性が発表されました。
これにより、既存の1号店は、よりラグジュアリーな路線に移行すると言われています。

2. LION MALL


<写真:Bodaiju Residences公式ページより>

マレーシア資本LION GROUPが、プノンペン空港隣接地に建設中であり、ショッピングモール、ホテル、スーパーマーケット、娯楽施設を併設する大型複合施設LION CITY GATEWAY内にできる予定です。
オープンは2017年予定です。
近くには日系不動産投資会社クリード・グループによる大型コンドミニアムBodaiju Residencesもあり、この一帯が新たな生活・消費拠点として賑わいを見せることになりそうです。

3. PARKSON


<画像:CBRE社資料より>

前述のLION GROUP傘下の百貨店大手パークソンが空港方面に向かうロシア通り沿いにショッピングモールを建設中です。
オープン時期は当初2015末年と言われていましたが、未だ絶賛工事中です。
正確なオープン時期は分かりませんが、オープンすれば、こちらも外資による一大モールになります。
テナント募集を請け負う不動産大手のCBRE社によると、「PARKSON」のテナント入居部分は5フロアで計7万平方メートルに及び、少なくとも3分の1カンボジア初進出の(外資)テナントで埋めたいとされています。
ここ数年はイオンモール一極集中ともいえる状況であったのが、これからお洒落な外資ショッピングモールが各エリアに除々に分散していきます。
これらのモールを拠点に世界的なブランドも多く上陸するでしょう。
急速な経済成長とともに移りゆく消費のトレンド。
モール側もテナント側も、商圏、顧客の所得水準、ニーズの変化をタイムリーに読み取り、変わり続けていくことが求められていそうです。